人生の午後

  • 2016.02.08 Monday
  • 16:56


宮迫千鶴さんはもう亡くなってしまったけど
今、この人が田舎暮らし(都市型田舎暮らし)をしていたころの
本を知って、読んでいる。

宮迫さんは人生の午後、つまり50代になってから
東京から田舎に引っ越しするにあたり
農村エリアで「よそもの」として村に忠誠を誓うような
エネルギーはもうないと判断し、
あえて別荘地エリアに住んだ、それが結果的にはとてもよかったという。

別荘地に移住している人はみんな 都市からの移住者なので
お互いにあまり干渉しない。
しかし 都市では「自分と同じような人間を選んで」つきあっていたが
別荘地とはいえ 田舎では、職業も世代も意識も違うたくさんの未知の人と出会い
それが自分を 豊かにしてくれたという。

おおいに共感します!

今 都市に住んで やっぱりなんか しんどいな〜と思うことが多い。
なんか息が詰まるな〜と思う。

駅から家に帰る途中 大きな橋を渡るとき
そこからは空が大きく、大きく、見えて
川の流れがあり 空気がちょっと違う。
だから 橋を渡るときには 下を向いて歩くのではなくって
空を見上げて歩きます。
たまに 大きなお月様が見えたりすると感激する。

何が足りないかというと やっぱり 「風景」なのか
わからないけど
再び田舎暮らしをしたいと思う、そのときには
別荘地エリアなのだろうか。


 

スポンサーサイト

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 16:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM